いる?いらない?婚約指輪

Sweet Ring

婚約指輪は必ず買わなければならないのでしょうか?

婚約指輪は必ず買わなければならないのでしょうか?

婚約をした二人の間で必ずと言っていいほど話題に上がるのが、婚約指輪です。
テレビのコマーシャルなどで、「給料の3ヶ月分」というフレーズを耳にしたことのある方は多いことでしょう。
また、テレビドラマなどでも、ダイヤモンドのついた指輪を渡しながらプロポーズするシーンを目にしたことのある方もいらっしゃることでしょう。
この婚約指輪は、必ず買わなければならないものなのでしょうか?
答えは、必ずしも買わなければならないものではありません。
最近は、結婚や婚約の形も多様化しています。指輪どころか結婚式も新婚旅行もしないという夫婦も少なくありません。
また、大きなダイヤモンドのついた婚約指輪は、普段使いには向かないので、買ったとしてもあまり身につける機会がないのが正直なところです。
そんなたまにしかつけない指輪にお金をかけるよりも、結婚式や新生活の準備にお金をかけたいという方も多いです。
とはいえ、一生に一度の婚約指輪。憧れを抱いている女性も多いことでしょう。
無理に買う必要はありませんが、彼女の意見もちゃんと聞いて、二人が納得のいく結論を出すことが大切ではないでしょうか。

いる?いらない?婚約指輪

現在ではレストラン等で両家の顔合わせをすることが多くなり「結納」を行う人が少なくなっています。
そもそも「結納」とは言葉の通り両家の間の「結」びつきができ、お互い贈り物を「納」めあう儀式であり、一般的に結納=婚約をしたという状況になります。
結納で男性が女性に贈る記念品が一般的に婚約指輪になります。そのお返しとして女性側から男性側に時計を贈るということも多いです。
要は婚約指輪は、プロポーズ・婚約の場で贈ることで、結婚の意思を表し、けじめをつける意味あいが大きいので、女性にしても男性にしても婚約指輪はいると考える人が多いです。
そこで選ばれるのがダイヤモンドがあしらわれた指輪です。女性陣の中では何カラットのダイヤがついているのか?というところに注目する人も多いでしょう。
もちろん予算に合わせ、記念品として納得いくものを選んだり、オーダーメイドしたりすることになりますが、最近の傾向として、あまり派手すぎず結婚指輪や別の指輪と重ね付けできるようなデザインを用意する人が多いです。
大事な記念の品だからこそ、妥協せず愛をこめて贈りたいですね。