婚約指輪は男性が贈るもの

Sweet Ring

普段使いにもできる婚約指輪を選ぼう!

普段使いにもできる婚約指輪を選ぼう!

夢にまでみた婚約指輪。
フィアンセの証! どこのブランドにしようかな、デザインはどんなのがいいかな、と、ワクワクドキドキなのではないでしょうか。
せっかくもらった婚約指輪、できればつける機会を多くしたいものですよね。
友人の結婚式や、パーティーなど、華やかな場でしかつけられないとなると、せっかくもらったにもかかわらず、箪笥の肥やしとなる可能性大です。
ゴージャスすぎるデザインのものは、こうなりがちです。
選び方のヒントをお伝えしたいと思います。
よく世間では、婚約指輪の相場は、男性の月収の三倍などと言われます。
しかし、あまり値段にこだわらずにいたいものです。
値段と愛情は必ずしも比例しません。
賢い女性というものは、いかの彼に負担を掛け過ぎずに、最高にお気に入りのものを見つける女性です。
一番は、普段使いにもできるものを選ぶことです。
そのためには、その後に購入する結婚指輪とコンビでつけられるものを選びましょう。
結婚指輪を同じブランドのものにすると、コンビネーション感覚で普段使いができるようになります。
自分の肌の色にもよりますが、ゴールド色、プラチナ色、両方の混じったカラーにしておくと、今後利用するネックレスなどの色もどちらかに縛られることなく、とっても便利です。

婚約指輪の紛失を防ぐには

婚約指輪の場合は、結婚指輪とは違い、貰った後には引き出しやタンスの中に大事に仕舞い込んだままの人が多いものでした。
ですが最近では、仕舞い込んだままでは勿体ないと、普段使い出来る形の婚約指輪を購入する人が増えています。
ですがそういった形で普段使いを始めると、注意が必要なのが紛失してしまう事です。
婚約指輪は、特に大切な指輪の一つであるので、普段使いする際は紛失を防ぐための対策をきちんと実行する事をおすすめします。
そもそも指輪というのは、朝つけたら夜寝るまでつけたままにするケースが多いです。
なのでそれをルールにして、ちょこちょこ指輪を外すというのを止める様にすれば、指輪をなくす危険性を低くする事が出来ます。
ただし働く女性が珍しくない現在、仕事中にどうしても指輪を外す必要が生じる事もあります。
そういった際は、必ず保管するケースを決めておきそれに入れる様にするか、或いはネックレスに通して首からぶら下げる様にすべきです。
更に指の大きさというのは、変化してしまうので、購入した当時はぴったりでも、今はゆるくなったり、逆にきつくなっているケースもあります。
なので自然に外れてしまわない様に、婚約指輪が指にぴったり合っているかを頻繁にチェックする事も、紛失を防ぐためには大事です。